文化を楽しむ

日中買い物方法の違い

日本のスーパーなどに行ったら、野菜や果物、魚、お肉、何でも1つ単位で計量されているようです。
例えばリンゴ1個おいくら、ねぎ1本おいくら、魚1本おいくらとか、お肉は500gの値段を書いてありますが、量を事前に測ってパックして、合計値段を明確にしています。
中国では日本と違います。
中国ではまず500gの値段を聞いて、ほしい量を適当に取って、取った量を測って、合計金額を計算します。

“日中買い物方法の違い” の詳細は »

昔の知恵

赤ちゃんのおむつには、やっぱり布おむつがいいようです。
紙おむつは確かに便利です。
赤ちゃんがおしっこをしたらサインが出るし、使い終われば捨てればいい。

布おむつの場合は、おしっこやうんちが出たのかは、赤ちゃんをよく見て知ることになります。
使った後のおむつが溜まれば、洗濯をします。ちょっと、面倒に思えますね。

“昔の知恵” の詳細は »

タコライス専門店

私はタコライスには目が無い方です。
以前、沖縄を旅した時にはじめて食べたタコライスの美味しさにはまり、自宅でもよく作るようになりました。
こタコライスは料理が下手な人でも美味しく作れる料理です。
それに、材料を切って重ねるだけの簡単さ、そして肉と野菜の栄養もとれます。

“タコライス専門店” の詳細は »

地域で話題のコラボ食堂

今、この地域で話題になっているのはコラボ食堂です。
普段は別々の仕事をしているお店のオーナーが、月に一度コラボして、食事をお客様に提供するのです。

それがコラボ食堂です。
今月はフレンチレストランを経営されている方と陶芸家のコラボが楽しめます。

“地域で話題のコラボ食堂” の詳細は »

食育の難しさ

私がある国に数年住んでいた時、子供たちに親がもたせるランチBOXを見て仰天した。
毎日ポテトチップスとリンゴをランチBOXに入れているのである。
他の親はたまにはサンドウィッチに切り替えたりもしていたが、私が一緒に住んでいたシングルマザ-のフラットメイトは毎日子供に同じこのメニュ-を入れていた。

“食育の難しさ” の詳細は »

同居問題

核家族化の中で、二世帯同居を始める人もいます。
いろいろと問題ありそうな世帯のスタイルの代名詞ですが、どうやら住んでみてわかることの方が多いようでもありますが・・。
やはりトラブルは多いみたいですね。
そして、一番悩んでしまうのが、間に挟まれているダンナさんです。

“同居問題” の詳細は »

ショッピングカートへ入れるもの

ラジオを聞いていると、女性の司会者が「ネコの砂は通販を知ると、店舗では買えないです」と言っている。
分かる分かる、いやペットは飼ってないけど。
お米とか本当にそう。
自転車の買い物篭にあんな重いものを入れていたら、ハンドルを少し動かしたつもりでも怖い怖い。
かといって小さいお米を複数買うと、サイフに優しくない。

“ショッピングカートへ入れるもの” の詳細は »