旅行には新幹線

かつての話ですが、東北新幹線が青森まで繋がり、青森県は経済効果を狙うことが出来ました。
そして、九州新幹線も鹿児島まで繋がったりと、今は電車での旅行が人気急上昇となっています。
東京―青森間が約3時間で行けてしまうというのは、とても便利なように思えます。

ただ、東京からの目線で考えると便利かもしれませんが、関東圏以外の人たちはどう見ているのでしょうか。
関西圏や中国地方など西日本に住んでいる人たちからは、まだ東北新幹線の魅力がわかる人が少ないようです。
東北に行くのであれば飛行機で…と考えています。
もしくは、自由に動けるように車で長旅を…と計画する人もまだ多数いらっしゃいます。
逆も言えて、関東圏や東北圏の人たちが、九州新幹線に魅力を感じている人は少ないでしょう。
新幹線や今建設予定のリニアモーターカーは、「近くを短時間で」と求めているサラリーマンや帰省する人々にはとても理想的ですが、旅行向かう人たちからはまだ良さが伝わりきれていないかもしれません。
時間がかかってでも新幹線に乗ってみたいと感じていただくには、短時間移動以上のサービスが必要かもしれません。
旅行と言えば、バスをイメージする人も多いのは事実ですね。
これは義務教育時代の遠足や社会見学でバスに乗った経験から、記憶が残っているのだと思います。
新幹線は確かに修学旅行の移動手段としては、もっともポピュラーですが、意外と退屈するらしいですよ。

«