プロジェクトチームの目的

プロジェクトチームと聞くと、なんとなく少数精鋭が集まって、秘密裏に行われるというイメージがありますが、単純に、部署の垣根を越えた人材が集まって、特命を実行する部隊と考えるとわかりやすいですね。

最大の課題は目的達成ですが、マネジメントは半端なく大変なのだそうです。

そもそも、プロジェクトを立ち上げて、そこに召集される社員は、既に忙しい身分の人が多いものです。

理由は簡単です。
出来る人間は忙しいからですね。

部署の垣根を越えて集められるわけですから、他部署の管理職からも評価が高くないと、召集リストにさえ載らないと考える方が、至極真っ当なのではないでしょうか。

そんな社内エリートをまとめ上げる人物は、大抵、中堅からベテランの域に達しつつある、最も勢いのある中間管理職でしょう。
中間管理職と言っても、企業によっては、30代40代は当たり前で、もしかすると20代後半で任せられる可能性もあるでしょう。

人事制度が能力主義や実績主義ならば、有り得ますよね。

さて、マネジメントに関しては、ビジネス書でもプロジェクトマネジメントというカテゴリーがあるように、非常に関心が高いものです。

プロジェクトマネジメントは、進捗管理を中心とした調整型の業務という、独特の難しさがありますね。

今、マネジメントと言えば、ある人物を思い浮かべると思います。
女子高生版も登場して、大ベストセラーとなったのは記憶に新しいところですが、根本的なところは、変わっていないという見方も出来ますよね。

新しいマネジメント、究極のマネジメント等、「最新」や「米国流」などの冠が付くと、特別なことかなと思ってしまいがちなところを我慢して、原理原則を見極めることが大切ではないでしょうか。
マネジメントは経営全体にも影響しているので、原理原則を知らないよりは知っておいた方が良いですね。

付加価値の高い税務・会計サービスを提供しながら海外税務や相続相談も実績十分なのはマネジメント能力の高さにあるのでしょう。

«
»