飲食店

ショッピングモールの飲食コーナーのバラエティさは、ここのところ凄まじいと思う。
さすがにアルコール類は、自動車を運転する人がいるため、販売自重していると思うが、ノンアルコールがあってもおかしくないほどの勢いだ。

ワイン好きの私だが、さすがにワインは販売されていない。
そのワインにまつわる特別な思い出なんて入れれば、情報に重みが増す。
かなりの情報量が入るから、思いきりうんちくを傾けても大丈夫だ。

ワインのホームパーティーに自作のQRコード入りラベルのボトルを並べ、お客様に携帯電話で読み取ってもらうのも楽しい、コレクションを管理するデータにも使える。

情報をストックするこんな使いかたはもちろん、ビジネスにも生かせる。
ホームページがあればURLを入れることもできる。

食生活は豊かになったのか、それとも貧しくなったのか。
日本は、世界で一番食べ物がおいしい国、と言われています。

ですが、実際の日本の食生活は、どうでしょう。
インスタントやレトルトの食品が増え、外食や中食などの割合も多くなりました。
それらは、確かにおいしいのですが、味が濃いものや、刺激の強い味が多い。

そして、インスタント食品や外食が増えれば、その分家庭で料理を作って食べる機会が減るということです。
濃い味に慣れてしまうと、日本食の繊細な味付けでは物足りなく感じるようになり、これでは、味覚が鈍感になってしまいます。

「こどもの頃に覚えた味は生涯忘れない」とまで言われます。
日本のおいしい食べ物を子どもたちに伝えなければ、日本の食文化は途絶えてしまいます。


スマホで勤怠管理
本社スタッフ、外注スタッフ、現場直行組みの勤怠管理は一元化出来ます
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«
»