アルバイトの価値

アルバイトは正式の仕事と比べて、時間が短く、自分の時間を自由に使えるのです。
アルバイトは個人にとっても、社会にとってもメリットがあります。
欧米諸国ではアルバイトは経験がある専門家、学者たちが二つ以上の職業を従事することだけを指します。
日本では、もっと広い範囲で使われています。

学生たちは一日の授業が終わった後、飲食店やコンビニなどで短時間仕事して、時給をもらいます。
主婦たちが家計のために空いている時間帯にスーパーなどで働きます。
これらは全部アルバイトです。
アルバイトは経済不景気、就職難の社会環境で、とりあえず少しでも収入を増やそうとする人たちにとっては、いいチャンスだと思います。
また、雇う側にとっては、アルバイトより、正社員として雇うのが、負担が大きいでしょう。
しかし現実は、所詮はアルバイトであり、生活の保障は賄う事は出来ません。
アルバイトの掛け持ちをするフリーターという働き方も、社会的な認知度は上がってきましたが、それでも一般的には不安定な生活の代名詞とも言えるイメージしかないのです。
より一層、正社員というポジションの価値が高まってはいますが、パイの少ない正社員の枠を奪い合っているのが、今の就活ではないかと思います。
就活に疲れたものは、志望とは全く関係の無い会社で正社員の座を奪いますので、会社のためにという意識は無いでしょう。

海の夏は最高!
疲れを癒す石垣島ダイビング旅行
癒し系ポイント・サンゴだらけのポイント・ダイナミック隠れ根ポイントなどなど、超盛沢山
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»