アルバイトの価値

アルバイトは正式の仕事と比べて、時間が短く、自分の時間を自由に使えるのです。
アルバイトは個人にとっても、社会にとってもメリットがあります。
欧米諸国ではアルバイトは経験がある専門家、学者たちが二つ以上の職業を従事することだけを指します。
日本では、もっと広い範囲で使われています。

学生たちは一日の授業が終わった後、飲食店やコンビニなどで短時間仕事して、時給をもらいます。
主婦たちが家計のために空いている時間帯にスーパーなどで働きます。
これらは全部アルバイトです。
アルバイトは経済不景気、就職難の社会環境で、とりあえず少しでも収入を増やそうとする人たちにとっては、いいチャンスだと思います。
また、雇う側にとっては、アルバイトより、正社員として雇うのが、負担が大きいでしょう。
しかし現実は、所詮はアルバイトであり、生活の保障は賄う事は出来ません。
アルバイトの掛け持ちをするフリーターという働き方も、社会的な認知度は上がってきましたが、それでも一般的には不安定な生活の代名詞とも言えるイメージしかないのです。
より一層、正社員というポジションの価値が高まってはいますが、パイの少ない正社員の枠を奪い合っているのが、今の就活ではないかと思います。
就活に疲れたものは、志望とは全く関係の無い会社で正社員の座を奪いますので、会社のためにという意識は無いでしょう。

ホテルのアルバイトで海外の方を接客

ホテルでアルバイトをしていた頃に海外の方が多く働いている環境だったため興味が涌きました。
祖母が海外に住んでいたのも興味を持つきっかけになりました。

外国語を話せるというだけで、職種も大幅に広がりますし、いろんなチャンスも多いです。
人脈も広がりますし、物事を大きな視点で見つめることができるようになったと思いました。
私も初めは海外の友達ができて、その子たちともっと簡単にコミュニケーションを取りたいという理由から勉強を始めましたが、その時はSNSサイトを利用して、ランゲージエクスチェンジの相手を探したり、教会の無料英会話レッスンに通ったりしていました。
これからはもっと英語の上達を目指して海外留学をしたいと思っています。
帰国後の将来像としては、海外の情報を扱う雑誌の編集部で雑誌の編集や、レコーディングレーベルの海外支部などで新人発掘や海外アーティストのマネジメントに携わりたいと考えております。

日本人は発音が上手じゃないから、という理由や恥ずかしいといった理由で、話せるのにできないと決めつけてしまう方が多いように感じます。
恥ずかしがらずに、身近にいる海外のお友達と積極的に話してスキルを高めていってほしいです。
海外留学をするのが、外国語を取得するのには一番効果的ではあると思いますが、費用がかかるので、決断には時間がかかると思います。
費用を安く済ませながら海外での生活も経験してみたいという方にはワーキングホリデー制度を利用して頂くのも良いかと思います。
報酬はやはり、外国語も資格になるので、普通の会社員の方よりも高くなってきます。
求人に関しても世界中に募集がありますので、選べる職業も増えると思います。

通勤も労働
アルバイトなど変更労働にも勤怠管理システム
給与連動の勤怠管理・就業管理システム。従業員が何人でも定額でコスト負担軽減。
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»