昔の知恵

赤ちゃんのおむつには、やっぱり布おむつがいいようです。
紙おむつは確かに便利です。
赤ちゃんがおしっこをしたらサインが出るし、使い終われば捨てればいい。

布おむつの場合は、おしっこやうんちが出たのかは、赤ちゃんをよく見て知ることになります。
使った後のおむつが溜まれば、洗濯をします。ちょっと、面倒に思えますね。

でも、赤ちゃんに食べさせたものが、うんちとなって出てくるのですから、食べ物次第では、嫌な臭いもなくおむつに汚れが付きにくいうんちになり、洗濯も苦になりません。

おしっこで濡れたおむつに不快感を持つことも、赤ちゃんの成長には必要なことで、布おむつで育った赤ちゃんの方が、おむつ外しがスムーズに進むということもあります。

お母さんにとっても、「おしっこしていないかな」と赤ちゃんをよく観察することになり、この点でも布おむつはおススメです。
布おむつをしている時の方が、赤ちゃんが落ち着いていて、ぐずることが少ないと言う人もいます。

外出の時や夜眠るときは紙おむつに頼りながらでもいいのですから、布おむつを試してみる価値は十分にあります。
布おむつの更なるメリットは、成長につれて違和感を覚えて、おしっこが出たことを訴えてくれることでしょうか。
これが、トイレトレーニングのきっかけになることもあるのです。

やっぱり濡れたおむつは気持ち悪いですからね。
しっかりとフォローしてあげましょう。

«
»