事務機器

オフイス用品は成熟した市場だけれども、次々と新商品が出ているあたりは、きっとニッチな部分でほぼ独占が出来るためではなかろうか。
そのため、手軽に使えるという利点を生かした使い方も増えてくるだろう。

例えば名刺は、自分を知ってもらうための大切なツールです。

以前の名刺には、会社名と自分の名前、そして会社の連絡先、会社のセールスポイントなどが書かれただけのものが一般的でしたが、最近では、もっと自分を知ってもらうために、写真入りのもの、ブログやSNSなどの情報も盛り込んだ個性豊かな名刺が多くなりました。

小さな情報端末に自分の情報を入れておけば、相手の携帯電話にかざすだけで、ホームページや自分の連絡先が閲覧できるサイトのUR Lのデータが送信されるものもあります。

名刺交換の時のマナーは、まず自分の名刺は名刺入れを下に敷いて、名乗りながら差し出します。
相手の名刺を受取るときは、わきを締めて胸の高さで「頂戴します」と言いながら、名刺入れの上に置いてもらうようにします。

大勢の方と名刺交換をしたときには、受け取った名刺を相手側が座っている席順のとおりにおいておけば、間違える心配がありません。

このように名刺は特別な事務用品ではありますが、そもそも事務用品というカテゴリーを超えたものでもあるかと思います。
小さな広告でもありますし、私的な身分証明にもなります。

«
»