音楽

子どもたちも生き生きとしたカッコイイ大人をたくさん見ることができたら、いつか大人になる将来に夢を持てるでしょう。
身近にくたびれて愚痴ばかり言っている大人がいたら、子どもも元気がなくなります。

物じゃなくて、元気や自信の元を子どもに与えることはできないでしょうか。
元気な親から元気な子は育つ。
だから、まずは自分を元気にしましょう。

たまには、家事や子育ての手を抜いて、好きな音楽を聴いたり、おいしい物を気の合う友達と食べに行ったりして、リフレッシュしましょう。

幸せな顔をした大人を見れば子どもの気持ちも安らぎを感じるでしょう。
嬉しい経験、楽しい経験が多いほど、自信につながります。
子どもといっしょに、子ども以上に子どもらしく楽しめる大人ってカッコイイと思いませんか。

表情の乏しい子は、音楽を聴く機会が少ないという説もあるようで、確かに、多くの子供に触れてきた経験からも納得の出来る説ではあるかと思います。
思春期になって音楽に興味を持てば、少しは改善されると思いますが、生の演奏を聴くことが一番の特効薬なのです。

重低音はお腹に響くし、高音になると脳天から突き抜けるような感じを体感することで、身体の中から感情を揺さぶるのです。
イヤホンしてデジタル音楽もいいですが、ながら聴きなので、あまり効果は無いかもしれないですよね。
ウホウホなのは、音楽データを保管するサーバー事業者ぐらいでしょうか。


病院やクリニックの勤怠管理を提案
三六協定管理機能で長時間労働、加重労働のリスクを防止。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«
»