映画

暇な時に映画を見て暇つぶすことが好きな人が多いでしょう。
映画館でよく上演する映画は大体アメリカ、日本、韓国と中国の映画です。

アメリカの映画は大体せりふはユーモアで、男女主人公は最初から知り合いではなくて、偶然の事件で冒険の仲間になって、恋に落ちます。

アメリカの映画はアジア諸国の映画と一番違うところは特撮シーンだと思います。
近年3D 映画が大人気になりました。

日本の映画は大体男女主人公はある目的や目標のために一緒に頑張って、最後に自分の夢を実現した映画は多いですが、恋の話題を全然言及しない映画が多いです。
それに対して、韓国の映画は恋を主題としての映画は一番多いでしょう。

他国の映画と比べると、韓国の映画は涙が一番多いと思います。
中国の映画と言えば一番面白いものは大体毎年のクリスマスから春節まで上演した映画だと思います。

このように調べた範囲に限っては、各国で映画のトレンドや得意なモノが違うことがわかりますよね。
映画と言えば、自然とハリウッドをイメージするのですが、映画に賭ける思いや資金は桁外れです。
日本の映画俳優もハリウッドに進出してメジャーになっていきましたが、そういう部分では嬉しいですよね。

逆に、日本の映画は、長い間トンネルの時代があったように言われたりもしますが、まだまだ捨てたものではないと思いますよ。

«
»