英語学習

ローカルネットワークは一定的なエリアでみんながメッセージや情報を分かち合って、エリア以外の人はこのネットの情報がわかりません。
ローカルネットワークと似ているのは企業内部のネットです。

銀行内部用のネットを例として言いましょう。
銀行に貯金したら、ATMで処理しても、窓口で処理しても、現金はすぐにカード記録の一行の数字になります。
処理した後、どのATMで調べでも同じです。

それに、インタネットに銀行のサイトを捜索して、自分が設定したパスワードで登録するとカードについての記録も確認できます。
この記録はカードの持ち主自分が見られて、銀行内部も見られますが、お客個人情報を守るために、許可されなかったら他人が見られません。

そのほか、企業方針などの情報はこの企業内部のネットで分かち合って、企業以外の人は見られません。

ところが企業の国内グローバル展開によって、大きく方向性が転換されるケースもあります。
例えば、社内公用語の英語化なども、その影響を考慮してのものでしょう。
日本語だけでは世界とは渡れないということと、英語に堪能になることで、世界進出による言葉の壁を無くす目的でしょう。

インターネットの世界でも、日本語サイトが全てではありません。
圧倒的に英語圏のウェブサイトの方が、多く存在するわけですし、インターネット上で英語学習も可能ですから、パソコン一台で英語を習得することも不可能ではない時代になりました。

輝く新入社員の会社
勤怠管理はiPadで
利用するパソコンの台数に制限の無いフレキシブルな勤怠管理システム。10台でも1,000台でも高い能力発揮。
biz-work.jp/
関連:www.inmoboulevard.com

«
»