日本のダイエット観

日本は「ダイエットブーム」が何年も続いていますが、先進国の中で日本は最も痩せているようです。
ダイエットしていない状態で「最も痩せている」という結果が出ているのに、どうしてダイエットを続けていくのでしょうか。

今、日本の女性の大半は「美しい身体→細い身体→ダイエット」という感覚でいると思います。
ただ、痩せていることに集中しすぎて健康状態や日常生活までおろそかになってしまい、身体が弱ってしまったり意欲が湧かなくなったりしてしまいがちです。
ダイエットに成功している人は、必ず「食事」と「継続」を心がけています。
ダイエットに失敗している人は、他力本願の気持ちがどんどん増してきて、ダイエットグッズや食事制限にスイッチします。
極めつけは、どこぞの知らないモデルではなく、有名な芸人を用いてのダイエットプロジェクトですよね。
あの人がここまでやれたのだから、ワタシにも出来ると勘違いする人が続出したことと思います。
モデルの場合は、体系維持が商売であり、更に、自分はあのように綺麗ではないという冷めた目線を投げかけますが、女性芸人ですと、自分に優位な部分がありながらも痩せていくので、闘争心に火が付くのでしょう。
「○○のクセに」という、日本人特有の嫉妬を逆手に取った手法です。
これだけで乗せられていることに商売人は気付くのですが、一般人は気付かずに、お金だけを落としていくという構図が見えてきますよね。

ダイエット日記

ダイエット日記をつけています!
引っ越しや転職、彼氏に振られて同性を解消したりといろいろと悪い方向に環境が変わったからか、気づいたら二か月で5キロも増えてしまいました。

顔はもともと丸顔だしあまり変わらない気がするのですが、おなかの肉が……服を着ている分には分かりにくいのですが、脱ぐとやばいです(笑)
たぬきみたいになりつつあります!
とりあえずすこしでもいいからダイエットをしようと思い立ちました。
ダイエットサイトや本などで調べた結果「書くだけダイエット」と私が命名したのですが食べたものを記録して、どれだけ食べたかを自覚するだけでもダイエット効果があるらしいのでその方法で試してみることにしました。
今一週間目なのですが、自分が思っていたよりもたくさん食べていました。
野菜もモリモリ食べていたしバランスはそこまで悪くないのですが、やはり面倒くさくてファストフードなどの炭水化物や脂肪が多く含まれている既製品を食べてしまうことが週に何回かあり、そのうえでご飯を減らさずに普通の量を食べていたのですから当たり前と言えば当たり前です。
今の時点でそれに気が付くことができて本当に良かったです。
今後は自炊に勤めて生活していきたいと思います。
自炊は嫌いではないのですが、極度の面倒くさりなので、揚げ物など作業が大変なものは買ってきたほうがいいと思っていたのですが油もちゃんと自分で管理したほうがいいようなので自分で揚げて作ってみようかなあ。
そして、今の生活にも慣れて早く痩せて暮らしたいです(笑)
そのために運動と食事制限がんばります!

»