日本のダイエット観

日本は「ダイエットブーム」が何年も続いていますが、先進国の中で日本は最も痩せているようです。ダイエットしていない状態で「最も痩せている」という結果が出ているのに、どうしてダイエットを続けていくのでしょうか。

今、日本の女性の大半は「美しい身体→細い身体→ダイエット」という感覚でいると思います。
ただ、痩せていることに集中しすぎて健康状態や日常生活までおろそかになってしまい、身体が弱ってしまったり意欲が湧かなくなったりしてしまいがちです。
ダイエットに成功している人は、必ず「食事」と「継続」を心がけています。
ダイエットに失敗している人は、他力本願の気持ちがどんどん増してきて、ダイエットグッズや食事制限にスイッチします。
極めつけは、どこぞの知らないモデルではなく、有名な芸人を用いてのダイエットプロジェクトですよね。
あの人がここまでやれたのだから、ワタシにも出来ると勘違いする人が続出したことと思います。
モデルの場合は、体系維持が商売であり、更に、自分はあのように綺麗ではないという冷めた目線を投げかけますが、女性芸人ですと、自分に優位な部分がありながらも痩せていくので、闘争心に火が付くのでしょう。
「○○のクセに」という、日本人特有の嫉妬を逆手に取った手法です。
これだけで乗せられていることに商売人は気付くのですが、一般人は気付かずに、お金だけを落としていくという構図が見えてきますよね。

海の中ではすべてが軽くなる
ダイビングのために石垣島でシェイプ
夏の海を満喫するために身体を絞ったらダイビングライセンスを取得して楽しみましょう
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

»