美容院

美容院で何気なく手に取った「天国の本屋」という書籍。

昔、一生懸命本を読んだ時期があったなあ。
作家にこって片っ端から読んだ思い出。
ミステリーを徹夜で読み通した寝不足の日々。

食事中も本を離さないくらい読みあさっていたのに、今では読みたい気持ちが起こらない。
ウーン、前回それらしい本を読んだのがいつか思い出せないなあ。と、思っていた時に巡り会った一冊がこれ。

ひょんなことから天国の本屋でアルバイトすることになった若者の話。
挿絵も多く、パステル調でやわらかく描かれていて大人向けの絵本のような印象を持った。
私が幼い時に親に読んでもらった本の名前が出てきてタイムスリップしたような気持ちになった。

文章も読みやすく、1時間もあれば読み切れるので負担がないのも魅力だった。
読み終えて、優しい気持ちになれた。本棚のお気に入りのコーナーに並べたい。
もう少し子どもが大きくなったら、「天国の本屋」のように読み聞かせてやりたいな。

やがてスタイリストと話が弾んだネタが、美容師裏話。
技術的なことから、それこそお客さんとのエピソードなど、非常に楽しく過ごせた。
でもやっぱり、美容師たるテクニックを知った時は、驚きを隠せなかったと同時に、素人には真似できないなと感じたものだ。

若い子は自分で前髪を切って、仕上がり具合の良さに悦に浸っているようだが、再現性を考えずにただ切っているだけと指摘したあたりはプロとして確かな証拠だ。
オーダー通りに仕上げるのは当たり前で、お客の手で少しの手間でスタイルが整うよう再現性を加味するのがプロなのだ。

髪と加味をかけたわけではない。
そんなダジャレがツボに入って笑い転げたところ、コンタクトレンズを落として踏んで粉砕。
いつもの通販でまた大量買いだ。

«
»