ワンマン親父と中古コピー機

最近ウチの親父と(親父といっても社長で私は専務なので仕事上では上司です。)社内の備品の事についてケンカになりまして、母親が仲裁する事態に。
きっかけはまぁいつものようにショウモナイ事でして。

うちの会社コピー機は親父の知り合いから貰って来た中古コピー機なのですが、自分はてっきりタダで貰って来たのだと思っていたけど実は○○十万円で購入していた事が発覚。
こんなボロい中古コピー機にこれはボッタクリだろうとケンカになってしまいました。
済んでしまった事は仕方ないですが、そろそろ社長を交代してもらわないとこんなワンマン親父に任せてたら店がつぶれてまうでー(泣)
という愚痴を延々と友人にしてしまいました。
愚痴というのは実に何も生まないものなんですね。
残ったのは気まずい雰囲気とどんよりとした気持ちだけです。
しかし現実の問題としては、社長のビジネスや経営が縁故に依存しきっていることから脱却しなければ、生き残っていく道が閉ざされることを気付かせなければなりません。
中小企業や零細企業が倒産する一番の原因は、こうしたワンマン社長により狭い視野での経営やビジネス戦略にあります。
真心があれば売れる、などというのは実は成功者の常套手段ですが、そこには綿密なマーケティングなどもあるわけです。
しかし古いタイプの経営者は、その言葉に感化され、御用聞き営業にチカラを入れるなど、非効率で生産性に乏しいことに時間を割いてしまうのですよね。

業務用の精肉は
精肉を調達する飲食店オーナーが認めた食肉卸業者
高品質な食材をレベル高い品質管理システムで長年にわたり実績を積み上げた会社
meat-kimura.co.jp/

«
»