留学

一日中、「お母さん、僕のソックスはー」「お母さん、プリント見たー」「お母さん、学級費が入ってないよー」「お母さんのせいで遅くなったー」「お母さーん」

朝から寝るまでに何度、お母さんって呼ばれているんだろう。

息子と娘、主人に義母、近所のおばさんにまで、一日中呼ばれている気がする。
我が家の住人は「お母さん」って呼べば何でもしてくれると思っているらしい。

確かに、お母さんに違いないけど、たよりきった根性が気に入らない。
夫は夫で子どもの話をしたら気のない返事で「お母さんの思うようにしたら」だって。

親は私一人じゃないんだぞ。

テレビを見て自分のことも話さない。
もちろん、私の気持ちなんて気にもしていない。

疲れているのは私も一緒。
あんただけじゃないんだぞ。
たまには、ゆっくり話を聞けよ。

せっかく作った夕食、おいしそうな顔で食べろと思うが、もうすぐ留学の時期である。
家族を説得しまくって手に入れた夢の実現への第一歩。
きっと、みんな寂しがってくれているのだろうと考えると、ついついニヤリとしてしまうのである。

家族がそれぞれ独り立ちしてくれるきっかけにもなるだろうし、将来的にも、家族は離れて暮らす可能性が高いわけだから、ひとりで生きることも学ばなくてはならない。

旦那が自炊どころか、ひとり暮らしの経験の無さから、何も家事が出来ないことを今になって嘆いている。
時すでに遅しである。

英語教室に通わせるか否か

私は将来、娘が大学に行こうが専門学校に行こうが、あるいは就職しようが本人の自由だと思っている。
たとえば留学したり、海外に移住することも、本人が本当にしたいと思うのなら、彼女の意志に任せるつもりだ。
勉強や習い事を強制するつもりはない。

しかし最近少し迷っていることがある。
それは娘に英語を習わせるか否かということである。
英語はこれから先、絶対に必要だと思う。
小学校でも英語が導入されてきているし、旅行に行くのだって留学するのだって仕事をするのだって、英語が話せる方が何かと便利である。

先日、保育所で希望者だけ英語の無料体験教室があった。
無料ということもあって、良い機会だと娘に参加させてみた。
体験教室を私は見学するつもりだったのだが、急に仕事の時間が延びてしまい、その時間に間に合わなかった。

あとから担任の先生に聞いたところ、楽しそうに参加していたとのことだった。
娘に話を聞いてみたが、どうも要領を得ないものの、とりあえずは楽しかったようだった。

それならば新年度からの英語教室に通わせようかとも思ったのだが、まず月謝がとても高い。
私のパート代が保育所と英語教室の月謝で半分以上飛んでしまうことになる。

それから、もともと娘が自分で何かをやりたいと言い出して始めて習い事をさせようと思っていたのだが、今回まだ娘はやりたいとは言っていない。
体験教室は楽しかったようだが、またしたいと強く思っているわけではないようだ。
本人に強い意志がないまま、私が通わせたとして、逆に英語が嫌いにならないだろうかと少し不安である。

でも、英語が話せれば、将来きっと役立つ。
娘の将来のことを考えると習わせるべきなのだろうが、やはりまだしばらくは迷ったまま決断できないと思う。

«
»